マッタリズム 中国ぶらぶら 忍者ブログ
...まったり、気まぐれな日々。記憶の記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北京中心部の外れ大山子にある798芸術区へ。
大山子芸術区は、かつて798番工場として国営の軍事・電子機器を製造していたため「798芸術区」とも呼ばれている。
開発計画により姿を消していった工場のかわりに
家賃、空間に魅せられたアーティストたちが集まってきたのだという。

ギャラリーだけでなく、アトリエ、広告代理店、ショップ、カフェなどが立ち並び
数少ないながらもいくつかの工場はまだ動いている様子だった。

1日では周りきれないぐらい充実している。

なんか変なとこ。良い意味でね。
ギャラリーの中はめっちゃ前衛的やのに、一歩外に出たら廃墟。
放置された壊れたマネキンやはがれ落ちそうな張り紙。
真っ暗な廊下の奥からはかすかに作業する音が聞こえてきたり。
と思えば、洗濯ものが干してあったりウサギが飼われていたりもする。
そんなエリアもあれば、宇宙船のような形をしたバーや巨大な彫刻が姿を見せることもある。
こういう雑多感はたまらんっ。
PR
9月2日

再び北京に戻ってきた。

ウランバートルから北京までの直行の便が取れなかったので
中国側の国境の町、二連まで国際列車で入り
それからは寝台バスで北京まで。

このルートで行くと、約6000円(やったはず。直行国際列車の半額ぐらい)で行ける。

寝台バスってすごいよね。全席寝台。2段ベッドになってるの。
寝台バスを斡旋してるオヤジが要領悪くてねぇ、まったく。
ヨーロピアンがプンプンでした。

そんな騒動や休憩を入れて、この行程でも30時間〜34時間で行ける。
多少面倒やけど国際列車とたいして変わらんね。


で、お宿はもちろん青年之家旅館
8月23日

午前7:40北京駅発。
30時間かけてモンゴル、ウランバートルへ。


manonbike

おじいちゃん自転車乗ってどこ行くの?


train

長〜〜〜〜い。
ウランバートルを経由して、行き着く先はロシア、モスクワ。
ヨーロッパ人もたくさん乗ってる。


greatwall

お〜、万里の長城!!


shopping

二連駅の超市(スーパーマーケット)にて。
袋に詰め放題かなんかで、必死に漁る子供たち。

中国とモンゴルの線路幅が異なるので
ここ、国境の駅で台車交換が行われる。
そのため、客は駅で待機。

ここを越えたらいよいよモンゴル入国。



***おまけ***

sighn

これって、やって良いってこと...?
8月22日

ウランバートル行きの切符を求めに出る。
バスに乗ろうと、バス乗り場を聞くもなかなか辿り着けない。

こっちで聞いたら
「あっち」

あっちで聞いたら、また
「あっち」

何回これの繰り返しか。

Tちゃんいわく、
「中国人は他人に興味ないからね〜」

そんな人や、えらい親切な学生さんに出会ったりしながら
切符売り場へどうにか辿り着くことができた。

紆余曲折を経て
翌日、23日北京発ウランバートル行きの国際列車のチケットをゲット。

828元(約12,420円)也。


chari

中国名物チャリンコ。自転車専用車線もある。
道路はかなりキレイに整備されている。ビルもいっぱい。
8月21日月曜日、予定より1日遅れで無事天津に到着。

天津からまず北京に向かう。
バスを乗り継ぎ4時間ほどの道のり。

中国に詳しく、安さにこだわるNさん情報で
北京駅から徒歩10分ほどの建国門にある青年之家旅館に宿泊。
ドミトリー33元/泊。(約500円)

ロッカーあり、トイレ、シャワー共同。

シャワーは仕切りはあるが、個別にドアはなし。
トイレもドアはあるが鍵が閉まらなかったり。
電気もいくつかあるうちのひとつしか点かない。
唯一明るいところはドアがちゃんと閉まらなかったり、と
ここが日本ではないことを実感。
|HOME|
ブログ内検索
プロフィール
まったりすとと申します
まったりすと写真ブログ
ultima thule
こちらもぼちぼち、気まぐれに更新中。
これ聴いてます
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
**最新コメント**
ナグタス:愚痴っている人って
sayaka:愚痴っている人って
みる姉:愚痴っている人って
asano san:calling from India
sayaka:calling from India
ゆうちゃん:正月の宣言
sayaka:正月の宣言
みる姉:新年のご挨拶
かに:新年のご挨拶
ゆうちゃん:Sigur Rosの季節
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © マッタリズム All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]